横須賀研究室

建築構造分野

Basic information

私たちの研究室の長期的な研究目標は、来るべき将来に備えた設計のフレームワークを構築することです。近代以降、社会構造は大きく変化し、コンピュータの登場により建築の設計手法も著しく変化しましたが、建築物を支配する物理法則は、古代から何ら変化はありません。現代において先人が残した偉大な功績を先進的に活かせる分野のひとつが建築構造力学です。
これからの持続可能な社会を実現するために、最適化や機械学習などのコンピュータを活用した課題解決手法が期待されています。建築物の設計において、意匠や環境、構造などの複合領域を統合し、最小の資源やコストで建築物の健全性や安全性を担保する必要があります。これを実現するために、数値解析やシミュレーションを援用するエビデンスに基づいた設計手法が欠かせません。私たちの研究室では、建築構造力学に重点をおき、新しい理論や技術を横断的に取り入れることで、新たな価値を創造し、広く社会に提案していきます。

Name:
横須賀 洋平
Job title:
准教授
Field of study:
建築構造力学、建築構造解析
Profile:
一般逆行列理論に基づく構造形態解析,
一般逆行列理論に基づく流体解析への応用に関する研究,
可変構造に用いる多軸自在継手に関する研究,
張力構造に関する研究,構造形態の創生と最適化