本間研究室

建築構造分野

Basic information

建物は形(デザイン)と構造(力学)の調和から構成されています。感銘を受ける建物は形もよいのですが、必ず構造的な特性も優れています。この[形]+[構造]を考慮した建物を総称して構造形態と呼んでいます。私たちの研究室では、コンピュータの利用を通して、建築形態の創生を行っています。最近では、生物の情報伝達機構あるいは生命維持機構を模倣した生物的アプローチの利用による構造形態の創生とサスペンション膜構造や空気膜構造に代表される張力構造の形態形成、さらにはそれらの解析方法の研究を進めています。

Name:
本間 俊雄
Job title:
教授
Field of study:
連続体力学/計算力学/計算工学
Profile:
構造形態の創生と最適化,生物的アプローチによる数値解析法の確立,環境振動評価解析,構造物の動的安定性解析,コンピュータ・グラフィックス利用発想支援システムの開発,都市や景観の解析と評価,少子高齢化に関する諸問題のモデル化と数理解析

Twitter