教員紹介
鯵坂 徹
AJISAKA Toru
教授
建築設計、建築計画、保存再生
鰺坂研究室 >>> 研究室HP
木方 十根
KIKATA Junne
教授
建築・都市史、都市デザイン、
歴史的環境保全
木方研究室 >>> 研究室HP
黒川 善幸
KUROKAWA Yoshiyuki
准教授
建築材料、生産工学
黒川研究室 >>> 研究室HP
小山 雄資
KOYAMA Yusuke
准教授
都市計画・地域計画、
住宅政策・ハウジング研究
小山研究室 >>> 研究室HP
-
-

-
-
-
-
塩屋 晋一
SHIOYA Shinichi
教授
建築構造学 構造設計
鉄筋コンクリート構法
木質ハイブリッド構法
塩屋研究室 >>> 研究室HP
柴田 晃宏
SHIBATA Akihiro
准教授
建築設計、デザイン理論
柴田研究室 >>> 研究室HP
曽我 和弘
SOGA Kazuhiro
教授
環境工学
曽我研究室 >>> 研究室HP
鷹野 敦
TAKANO Atsushi
准教授
建築設計
木質材料・構法
環境評価
鷹野研究室 >>> 研究室HP
二宮 秀與
NIMIYA Hideyo
教授
建築環境工学、建築設備工学
二宮研究室
朴 光賢
Park Kwanghyun
助教
建築設計
-
本間 俊雄
HONMA Toshio
教授
建築構造力学、連続体力学、
計算力学、計算工学
本間研究室 >>> 研究室HP
増留 麻紀子
MASUDOME Makiko
助教
建築設計、建築計画
-
松鵜 さとみ
MATSUU Satomi
助教
建築環境工学、建築設備
-
横須賀 洋平
YOKOSUKA Yohei
助教
建築構造力学
-
中川 利佳
NAKAGAWA Rika
技術・事務系スタッフ
事務補佐員
井﨑 丈
IZAKI Takeshi
技術・事務系スタッフ
技術職員
中村 達哉
NAKAMURA Tatsuya
技術・事務系スタッフ
技術職員
堀添 眞知子
HORIZOE Machiko
技術・事務系スタッフ
技能補佐員
 
 
研究室紹介

教育・研究分野は大きく3つあります

建築計画分野

地域での実践活動を通して、様々な用途の建築の設計やデザインに関する方法論、都市の景観整備や歴史的環境の保全、住環境整備などに関する研究。

鯵坂研究室〔建築設計〕 >>> 研究室HP

建築は社会の大切な資本の一つです。建築により街がつくられ、人々の記憶となり、地域の大切な文化となっています。研究室では、できるだけ建築設計実務に基づいたデザインの研究と教育を実践し、社会に貢献できる学生を育ててゆきたいと考えます。また、新築の施設計画だけでなく、モダニズム建築や麓集落の民家の再生をはじめとするストックの活用についても研究し、地域再生について取り組みます。フィールド調査や建築探訪により、楽しく建築を学びます。

木方研究室〔建築理論〕 >>> 研究室HP

建築や都市は一握りの専門家や一時代の技術によって造られるものではなく、多くの人々の知恵と努力の積み重ねによって成り立っています。その集積を活かし、不備を補いながら、より良い環境を築く事が私達には求められています。私達の研究室ではまず、建築や都市に関する図面や資料に基づき、先人達の計画の狙いを明らかにする研究や、調査に基づいて住み手の創意工夫や利用の実態を把握する研究を行っています。そこから建築や都市に何が求められているかを考え、計画・デザインへと結びつけていきます。

柴田研究室〔建築設計〕 >>> 研究室HP

美しい街並みや建築、ワクワクする空間はどの様に生まれるのでしょうか。私達の研究室では、建築・インテリア・家具などの分野において「デザインを通して豊かで新しい空間を創出する」ことを目標として、デザイン論理の研究と実践的なデザイン活動の二本柱で研究に取り組んでいます。デザイン論理の研究では、既存の都市や建築の調査・分析を行い、その空間構成を把握すると共に形態との関係性を考察し、デザイン論理の基盤となるデータを蒐集しています。また設計コンペへの参加や実施設計を通して、論理だけではなく、その実践も行っています。

小山研究室〔建築理論〕 >>> 研究室HP

建築は、社会のしくみと深く結びつき、時とともに変化します。私たちの生活空間は近い将来どのように変化するでしょうか。その変化を見すえつつ、私たちはどのような未来を描けるでしょうか。小山研究室では、〈いま・ここ〉の問題意識や関心を原点として、生活空間の未来を構想する計画論を探求します。街なかから郊外、中山間・島嶼地域にいたる具体的な居住の現場にそくして、社会と空間との関係を読み解きます。また、異なる時代や社会にも目をむけて〈いま・ここ〉を相対化する理論的なものの見かたを検討し、建築や都市にかかわる新たな価値観や方法論の創出を目指します。

建築環境分野

温熱や光に関する居住環境、空気質に関する室内環境、建築設備に関する研究。

二宮研究室〔建築設備〕

日本で消費されるエネルギーの約1/4は建物内での利用によるものです。またその半分は住宅で消費されています。私たちは暑くなったら冷房し、汗をかいたらシャワーを浴びるような生活を当たり前のように享受していますが、これらは大量のエネルギーを消費することで成り立っています。私たちの研究室では、少ないエネルギーで快適な居住環境を創造するにはどうしたらよいか、気象の地域性、建物の熱性能、自然エネルギーの利用などについて研究しています。

曽我研究室〔環境工学〕 >>> 研究室HP

近年、温暖化が顕在化し、熱波や豪雨など極端化する気候変動の影響は様々な地域に及んでいます。本研究室は、将来予測される気候変動の脅威による被害を回避し、かつ気候変動の原因となる温室効果ガス排出の少ない建築物を実現する方法を研究しています。気候変動に適応可能な建築物の計画には、過去から現在、そして将来に至るまで、建物や都市を取り巻く環境を客観的に表現した気候変動に関する観測・予測情報が必要です。私たちの研究室では、このような科学的な情報を利用して、建築、設備システムの気候変動への適応策や緩和策を具体化することを目指しています。

鷹野研究室〔建築設計・環境評価・木質材料/構法〕>>> 研究室HP

“環境”を切り口に、より良い建物のデザインや造り方を考える研究室です。

我々はさまざまな環境の中で生活をしています。近年、その環境を考える上で“サステイナビリティ(持続可能性)”という概念が謳われますが、それは裏を返せば“サバイバビリティ(生存可能性)”と同義です。とりわけ、地球環境と建物との関係は重要なテーマです。そのような背景の中、本研究室では建物に関する環境的課題について、材料や資源の視点を含め横断的に取り組みます。多様な解答を導く為の基礎的な知見を集積し、設計や建設の実務に活かせる研究活動を目指します。

建築構造分野

構造力学、荷重評価、構造性能評定、構造最適化、地震動の特性と地震災害、建築材料工学、建築構法に関する研究。

本間研究室〔建築計算工学〕 >>> 研究室HP

建物は形(デザイン)と構造(力学)の調和から構成されています。感銘を受ける建物は形もよいのですが、必ず構造的な特性も優れています。この[形]+[構造]を考慮した建物を総称して構造形態と呼んでいます。私たちの研究室では、コンピュータの利用を通して、建築形態の創生を行っています。最近では、生物の情報伝達機構あるいは生命維持機構を模倣した生物的アプローチの利用による構造形態の創生とサスペンション膜構造や空気膜構造に代表される張力構造の形態形成、さらにはそれらの解析方法の研究を進めています。

塩屋研究室〔建築構造学〕 >>> 研究室HP

研究室は、次世代の鉄筋コンクリート構造の耐震構造と次世代の木質構造の開発を行っています。

6年前から木質構造の研究に着手しています。
我が国では木造と言えば、木造住宅が殆どを占めてきました。関東大震災と戦時中の空襲による戦災を理由に、木造で大型の建築が建設されてきませんでし た。しかし、戦後、大量に植林された杉や檜が伐採期に入り、二酸化炭素削減の追い風もあり、木材を使って、木質構造により大規模の建築を建設する黎明期が到来してきています。

木質材料の弱点である硬不足と強度不足と補うために、リサイクルの安価な鉄筋をスギ集成材に繊維のように挿入・接着して、硬さを6〜8倍に、強さを3倍に増加させる鉄筋集成材構法と設計方法を開発して、第1号の建物を建設しています。現在は、鉄筋集成材構法と、新たな直交スギ集成板(CLT)を組み合わせた耐震壁の開発も開始し、来年の第2号棟の建設を目指して設計を開始しています。

黒川研究室〔建築材料・生産工学〕 >>> 研究室HP

絵に描いた餅が食べられないように、絵に描いた家に住むことはできません。設計を現実のものとするのが、建築材料と生産工学の役割です。特に、自在に形を変えることができる鉄筋とコンクリートや自然材料である木材は、主要な建築構造材料であるばかりでなく、生産工場や建築現場においても綿密な管理が必要な材料です。また、これらの材料は維持管理により建物全体の寿命を左右する存在です。私たちの研究室では、固まる前のコンクリートの流動性の評価方法や鉄筋コンクリート構造物を壊さずに検査する方法について研究しています。

-