教育理念

建築は、人間が活動する空間を秩序づけて創造する総合的な技術で、工学から芸術に亘る広い範囲を対象とします。文明の発祥以来、美しく快適で安全な建物を造る技術が開発されてきました。また、社会、生活、文化の変遷とともに建築に求められるものが変化しています。近年では、地球生態系を視野に入れた新しい環境整備理念・技術開発が必要とされてきています。

本学科は、このように広範な技術を学び応用することによって、人類の建築文化遺産を継承し、地球環境の保全に配慮しながら、建築空間と生活環境の創造に貢献できる人材を育成します。

アドミッションポリシー
建築の役割は、個々の建物から都市までを対象として、学術と技術と芸術の3つの面を融合して、人々に快適な空間を創造することです。
建築学科では、数学、理科、語学、地理歴史、公民に関する基礎学力を有し、科学と芸術と社会の広い分野に関心を持つ次のような学生を求めています。

1. 建築を造りたいという情熱を持っている人
2. 建築と人間や社会や環境との関係に興味がある人
3. 建築デザインの分野で能力を活かしたいと考えている人
4. 安全で美しい建築を造る技術に関心のある人

沿革
1945年
鹿児島県立工業専門学校建築科創設
1949年
鹿児島県立大学に昇格、工学部建築学科となる(定員25名)
1955年
国立大学鹿児島大学に移管され、校舎も伊敷町から現在の郡元へ移転(建築構造、建築材料・施工、建築計画、建築史・意匠の4講座、定員30名)
1968年
大学院工学研究科修士課程建築学専攻を設置(定員8名)
1972年
RC5階建ての新校舎完成、木造校舎との別れ
1974年
建築構造力学および建築設備の2講座増設(学部定員60名)
1992年
6つの小講座から、建築設計講座と居住環境システム講座の2大講座に統合(学部定員64名+大学院修士課程定員12名)
1994年
大学院工学研究科博士後期課程(物質生産工学専攻・システム情報工学専攻)を設置、修士課程は博士前期課程建築学専攻に変更
1997年
建築構造構成学講座と居住環境構成学講座に変更
前者に構造系、後者に計画系と環境系の教員が所属(学部定員60名+大学院前期課程定員18名)
1998年
理学研究科と工学研究科の統合により、博士前期課程は理工学研究科建築学専攻、博士後期課程は理工学研究科物質生産工学専攻と システム情報工学専攻となる
2002年
独立専攻のナノ構造先端材料工学専攻の設置に伴い、学部定員を55名に変更
2006年
建築学科の教育プログラムがJABEE(日本技術者教育認定機構)に認定される
2016年
建築学科棟2号館(通称 学科棟)耐震改修工事完了
交通案内
■ 鹿児島空港から
1. リムジンバス
JR鹿児島中央駅で下車(約35分)1200円
JR鹿児島中央駅からのアクセス方法は下に記載
2. タクシー
鹿児島大学工学部まで所要時間約40分、料金1万円程度(高速料金込み)
■ JR鹿児島中央駅から
1. 市電
郡元方面行き「唐湊」
または「工学部前」電停下車(160円)
2. タクシー
時間約5分、640円程度
3. 徒歩
市電通りを南に進む、25分程度