教育目的
建築技術を構成する建築設計,建築構造,建築環境・設備および建築生産に関する基礎学力を修得し、技術の進歩に幅広く対応できる柔軟な自主的学習能力と新技術の創成力を身に付け、広い視野と高い倫理観のもとにそれらを総合的に応用できる問題解決能力を発揮し、建築界の技術の中核的な担い手として国内外で活躍できる建築技術者(建築設計,建築構造,建築環境・設備,建築生産)を養成します。

※建築学科の教育プログラムは2006年度より日本技術者教育認定機(JABEE)に認定されています。

次の6分野にしたがった科目を開講しています。

1.
建築設計演習分野
◎設計基礎演習 ◎建築設計 ほか
2.
建築計画分野
◎建築計画基礎演習 ◎建築デザイン ◎建築計画 ほか
3.
建築環境・設備分野
◎環境計画 ◎環境工学 ◎設備計画 ほか
4.
建築構造分野
◎鉄筋コンクリート構造 ◎構造力学 ◎鉄骨構造 ほか
5.
建築生産・材料分野
◎建築構法 ◎建築材料 ◎建築施工 ほか
6.
分野横断領域等
◎建築史 ◎地域施設計画 ◎都市計画 ◎学外実習 ほか
学習・教育目標

教育目的を達成するためにホーリスティック(包括的)な教育を維持し、建築学総合プログラムとして次の具体的な学習・教育目標を掲げています。

A.
技術者の使命感と倫理観
建築技術者としての使命感と倫理観を持って建築を考える能力を養う。
B.
工学の基礎知識・能力
建築技術を理解するための工学の基礎能力を養う。
C.
建築の基礎知識・能力
建築における基本的な考え方と基礎的な建築技術を理解して応用できる能力を養う。
D.
建築の高度な知識・能力
高度な建築技術を理解して建築の設計へ応用できる基礎能力を養う。
E.
自主的・継続的学習能力とエンジニアリング・デザイン能力
新しい建築文化や建築技術の創造へつながる自主的・継続的学習能力およびエンジニアリング・デザイン能力(必ずしも正解の無い複合的な課題に対して、創造的かつ効果的な解決策を提示できる能力)を養う。
F.
多面的に考える能力
幅広い視野に立って多面的に建築を考えることができる素養を身につける。
G.
コミュニケーション能力とチームで仕事をするための能力
建築に関する国内外の活動の場でコミュニケーションができる基礎能力とチームで仕事をするための能力を養う。

参考資料
鹿児島大学建築学科の学習・教育到達目標と評価方法(2017年度)
学習・教育到達目標とJABEE基準との対応
共通教育科目・基礎教育科目・専門科目の開講期
学習・教育到達目標を達成するために必要な授業科目の流れ
学習の流れ

1年生では主に一般教育科目を受講します。
そこでは、数学、物理、化学、語学 などの基礎科目とともに、社会学、哲学、心理学、文学、生命科学などの教養科目が開講されています。
建築を設計する際には、人間や都市のあり方を考え、それらをもとに建築空間を創造するため、基礎科目とともに人文系の教養科目の修得も重要です。

学年の進行に伴って、建物を支える構造の仕組みや快適に住むための環境のあり方、建築や都市に関する理論など広範囲の専門教育を受講します。
これらの講義で学んだことをもとにして、建築設計の授業では具体的な製図課題に取り組みます。
4年生になると、それらの総まとめとして卒業設計と卒業研究に取り組みます。

このほか、2年生には、京都、奈良などで学外実習があり、建築の解説と評価を学生自ら行います。
また3年生では、学生の企画運営による建築展が開催され、市民に対して建築や都市に関する様々な提言を行っています。