鹿児島大学 工学部建築学科|大学院理工学研究科建築学専攻

ひろしま建築学生チャレンジコンペ 2018
境祐人/B2 中尾有希/M1 入選

絶景展望台に「あって良かった」以上のトイレを。
審査員長 千葉学
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/miryoku/challe-com2018-result.html


委員コメント(最終審査プレゼンテーション後の講評)

○音の鳴る仕組みが原始的で,その素朴なアイディアが素晴らしいと思う。トイレがただただ音
を立てている情景が,あの場所ならあってもよいと思う。ただ,音が鳴らなかったら致命的な作
品でもあり,心配なところはある(千葉)
○裏付けをとろうとする姿勢や,いろんな材料で試行している点が評価でき,一次審査時の指摘
を踏まえ修正する力がある(後藤)
○建築の捉え方として,時間的経過に対する存在意義に違和感があった(濱田)
○自然とのふれあいを表現され,木のぬくもりを感じるが,台風時などの維持管理に懸念がある(梅村)
○一次審査時から大きく変更され,まとまってしまった気がするが,音や動きに着目した点はユ
ニークなので,今後もこの視点を忘れないでほしい(宮﨑)



 

 

 

 

 

2018.12.20